遮熱塗料による屋根塗装の体験談を集めました

地球温暖化やヒートアイランド現象の影響で注目を浴びている遮熱塗料。「本当に塗っただけで温度が下がるの?」と疑問を感じている方も多いでしょう。そこで、実際に遮熱塗料で屋根塗装した方の声を集めました。遮熱塗料はどれだけ効果があるのか。体験談を読んで判断してください。


屋根に遮熱塗料を塗ってもらったことで2階の暑さが軽減した

元々塗料なんて塗ることがあまりなかったので、放置してそのままにしていたのですが、最近2階の暑さが気になってばかりで、ここは何か問題があるのではないかと考えていました。そこでリフォームを担当してもらった時、ハウスメーカーの方に屋根についても相談をしていました。屋根から来る熱を止めることができれば、温度的には軽減されるのではないかと話をしたところ、それを行ったほうがいいと返してくれました。続きを読む

スレート屋根に遮熱塗装を行い、夏場の屋根裏部屋の暑さを軽減

新築で購入した住宅も15年を経た頃、外壁には細かいクラックが入り、外壁表面を指でなぞると白い粉が着くチョーキング現象も出ており、そろそろ外壁の塗り替え時期だと感じました。その頃には、黒色に塗装されたスレート屋根も色あせて、見るからに水をはじく能力が劣化しているように見受けられました。 続きを読む

屋根に遮熱塗料を塗ったら電気代が節約できました!

屋根に遮熱塗料を塗っておくと、節電だけでなく屋根の耐久性もアップすると知り合いに聞いたので、思い切って業者に依頼しました。使用した遮熱塗料は、セラミック系にしました。セラミック系だと、汚れに強く耐久性が高いというメリットがあるからです。最初は、遮熱塗料の耐久性が10年~15年くらいだと聞いて、費用に見合っているのか分からなくて迷いました。しかし、遮熱塗装をした知り合いの家を訪れた際に、室内に熱が籠らず快適だったため、その効果に驚きました。訪問した日は、外気温が30℃の真夏日でしたが、2階の子供部屋や寝室は、西日が当たる部屋とは思えないくらい過ごしやすい状態でした。続きを読む

遮熱塗料で屋根塗装をした経験談

夢のマイホームを手に入れて、毎日家での生活が楽しくなりました。しかし、家を買った後は、家を快適に保つためのメンテナンスが必要になってきます。屋根の塗装もその1つです。

私が住んでいる場所は、夏場はとても良く晴れて気候も猛暑日になることが多いです。そのため、熱中症にならないようにいつもクーラーを使わなければなりません。そのとき重要になってくるのが、屋根です。屋根の塗装を見直すことで、家の中が暑くなることを防いでくれると思い、「遮熱塗料」を屋根に塗装することにしました。 続きを読む


お隣との距離が遠く、日当たりが良すぎる地方のお住まい。遮熱塗料向きですよね。現在、遮熱塗料はそのような地方だけではなく、都市部でも注目を浴びています。都市部の夏の夜はヒートアイランド現象で熱帯夜が続くことが日常となりました。ヒートアイランド現象はコンクリートの建物やアスファルト道路の蓄熱が原因の一つとされています。遮熱塗料で塗装した場合、太陽光を反射し、蓄熱を防ぐことができるので、ヒートアイランド現象を緩和することができると言われています。東京で遮熱塗料で塗装したいのなら、一度http://www.yaneyasan13.net/に相談してみるとよいでしょう。都市部の屋根業者ならではのアドバイスをしてくれると思います。