エアコン代節約の為に遮熱塗料で屋根の塗り替え

我が家は築20年の木造の3階一戸建てなのですが、以前から3階部分の室内の温度が気温が高くなり始める季節の春先から梅雨の6月の時期、そして本格的に気温が上昇する真夏の8月から9月にかけて異常に室温が高くなる現象で悩んでいました。

自宅の1階部分や2階部分の室内については、春先や梅雨の時期には特別に室温が高くなるという事はない為、3階部分の室内だけが異常に室温が高くなってしまうのは「1階部分や2階部分よりも太陽に近いから仕方がない」とあきらめていました。

屋根しかし、自宅でインターネットを見ている時に偶然、遮熱塗料という屋根塗装に使われる熱を遮断する効果を期待出来る塗料が存在している事を知り、興味を持った私はインターネットを利用して色々と屋根塗装に使われる遮熱塗料の事について調べてみました。

すると、遮熱塗料は自宅の室温を下げる効果を期待出来る事や、夏場の本格的に気温が上昇する季節にはエアコン代の節約にもつながる、といった事が紹介されており、私は自宅のエアコン代の節約の為、屋根の塗り替えをインターネットで検索して見つけた地元の屋根塗装の専門業者に依頼する事にしました。

屋根塗装は以前雨漏りがひどかった時に補強の意味で一度だけ新築から5年目の時、今から15年前に行ってもらったのみで、屋根の塗り替えは今回が2度目となりました。

インターネットで見つけた屋根塗装の専門業者は、物腰が柔らかく腰の低い中年男性の担当者を派遣してくれて、遮熱塗料の屋根塗り替えについて詳しく説明してもらいました。

担当者の男性からは「屋根塗装を遮熱塗料で塗り替える事でエアコン代の節約効果がある事」や「見た目も綺麗になるので見栄えが良くなる」といった点を教えてもらいました。

遮熱塗装による屋根の塗り替えは12日間かかりましたが、出来上がった遮熱塗料で塗られた屋根はマットな質感のブラックカラーが美しく、自宅の屋根がよみがえったように綺麗になりました。

肝心の断熱効果については確かに遮熱塗料で塗り替えを行ってからは春から真夏の時期にかけても以前のような3階部分の室温の上昇が無くなり、エアコンを以前のようにガンガンに効かせる必要が無くなり、涼しい室温の部屋を3階部分の室内で実現する事が出来ました。