スレート屋根に遮熱塗装を行い、夏場の屋根裏部屋の暑さを軽減

新築で購入した住宅も15年を経た頃、外壁には細かいクラックが入り、外壁表面を指でなぞると白い粉が着くチョーキング現象も出ており、そろそろ外壁の塗り替え時期だと感じました。その頃には、黒色に塗装されたスレート屋根も色あせて、見るからに水をはじく能力が劣化しているように見受けられました。

様々な屋根そこで、外壁塗装と屋根塗装を合わせて業者さんにお願いする事にしました。業者さんと打ち合わせをしている時、屋根塗装として遮熱塗料を使用すると言う選択肢がある事を知りました。遮熱塗料は、赤外線を反射する事で、屋根・屋上・ベランダ・外壁の表面温度上昇を抑える効果のある塗料です。業者さんの説明では、遮熱塗装でも熱伝導が元々低い瓦屋根では効果は低くお勧めできませんが、熱伝導の高い金属屋根やスレート屋根に対しては効果が高く、お宅の屋根はスレート屋根なので、必要なら遮熱塗料にされてはと勧められました。

私の自宅は、2階建てに天井裏部屋が付いた構造になっています。夏場に物置部屋としている天井裏部屋に入ると、汗だくでとても長い時間居る事が出来ないほど高温になっています。天井裏部屋のみなら我慢すれば良いのでしょうが、この熱気が2階の天井から2階の各部屋の温度を高めているだろうと考え、遮熱塗料を塗装してもらう事に決めました。

外壁と屋根の塗装が終わると、少し古びた感じになっていた住居は、新築の様な綺麗な見栄えを取り戻しました。これでクラック等からの雨水の浸透の危険もなくなり、終の棲家としたい我が家の寿命が、放置しているよりも少しは伸びたと安堵感も増しました。

遮熱塗料の効果を確認するために、塗装前後に屋根裏部屋の温度を測り、5~7℃も室温が下がっている事が分かりました。もちろん、真夏にはこれで屋根裏部屋も快適と言う訳には行きませんが、それでも屋根裏部屋で作業する時の負担は軽減されるでしょう。また2階の各部屋の遮熱塗装前後の温度は測っていませんが、冷房温度の設定を従来は27℃にしていたものを、28℃に高く設定できるようになり、効果があったと思っています。