夏場の室温上昇を抑制するために外壁塗装に遮熱塗料を使用しました

外壁塗装は、単に外観を綺麗にする為のものではなく、細かいクラックを修復し、劣化して雨水をはじく効果が薄れた塗膜を新しくして、住宅を雨水から守るために重要なメンテナンスである事は知っていました。新築で購入した住宅が20年近く経ち、外壁を指でなぞると白い粉が着く状態になっていて、これ以上放置しているとまずいと考えて家から近いところにある、港北区にある街の外壁塗装やさん横浜に外壁塗装をお願いする事にしました。

塗装業者さんと塗料の種類をどうするかを相談している時に、業者さんから遮熱塗料と言う機能性塗料がある事を教えてもらいました。私の家は、陽当りが良いのですが、そのせいか夏場の室温が高くなる傾向があります。塗料の色で、少しでも改善できないかと話している中で、遮熱塗料が良いのではと教えてもらったのです。

エアコン
一般的に、赤外線を反射させる遮熱・断熱塗料を外壁に塗ると、3℃程度室温を下げる効果があると言う事です。元々考えていたシリコン系の塗料よりも価格は高くつきますが、3℃も室温が下がれば、エアコンの設定温度を上げる事で電気代の節約が可能で、十分元が取れると考えました。
また毎年夏の気温が上がる傾向がある中、その対策としても、思い切って遮熱塗料にする事に決めました。塗り替えて2シーズンの夏を経ましたが、エアコンの温度設定を上げる事ができ、非常に過ごしやすくなった事を実感しています。