屋根に遮熱塗料を塗ったら電気代が節約できました!

屋根に遮熱塗料を塗っておくと、節電だけでなく屋根の耐久性もアップすると知り合いに聞いたので、思い切って業者に依頼しました。使用した遮熱塗料は、セラミック系にしました。セラミック系だと、汚れに強く耐久性が高いというメリットがあるからです。最初は、遮熱塗料の耐久性が10年~15年くらいだと聞いて、費用に見合っているのか分からなくて迷いました。しかし、遮熱塗装をした知り合いの家を訪れた際に、室内に熱が籠らず快適だったため、その効果に驚きました。訪問した日は、外気温が30℃の真夏日でしたが、2階の子供部屋や寝室は、西日が当たる部屋とは思えないくらい過ごしやすい状態でした。

 

私の家には、クーラーがリビングに1台設置しているだけなので、2階の子供部屋では、夏場はずっと扇風機をかけていました。それ
でも、暑い日が続くと、リビングで宿題をしたり、遊んだりする日が多くなり、子供部屋を作った意味が無くなっていました。でも。遮熱塗料を屋根に塗ってからは、扇風機の出番がありません。夜になったら、籠った熱のせいで暑くて寝られなくなるのかと思ったら、そのまま眠れます。子供達は、夜ぐっすり眠れるようになったので、朝かボーっとすることもなくなり、集中力がアップしたように感じます。また、リビングが吹き抜けになっているんですが、解放感がある割に冷房が効きにくいので困っていましたが、遮熱塗料を屋根に塗ってからは、冷房が効きやすくなって過ごしやすくなりました。

 

屋根の上のアンテナ子供部屋で使っていた、部屋の空気を回すサーキュレーターと、扇風機を使わなくなったので、その分の電気代がかからなくなりました。今までは、10月に入っても暑くて扇風機は必需品でしたが、使用することが無くなりました。家は、オール電化なので、年間を通して電気代がかなり節約できたので助かっています。費用は決して安いとは言えませんが、快適に過ごせるようになったというメリットの方が大きいと実感しています。