屋根や外壁の塗装工事のタイミングについて

屋根や外壁というのは、紫外線や風雨などから大切な家を守る役割を担っています。メンテナンスは美観を保つだけではなく家を守るためには必要不可欠な工事となります。
屋根や外壁のメンテナンス時期は塗料の防水性が切れる前に行う必要があるため、見た目ではなく塗料の寿命を考える必要があります。
一般的に吹き付け塗装は6~10年、サイディングは7年、ALCパネルは10年、スレートは10年、カラートタンは5~8年といわれていますが、直射日光が当たりやすい場所や湿気がこもりやすい場所など周辺環境によっても劣化の進行度は異なります。

外壁塗装は築10年を目安に行うのが良いといわれていますが、これは塗料の耐用年数と深い関わりがあります。
外壁塗装を行うためには塗料を塗る必要がありますが、使用する塗料には耐用年数があります。アクリル系塗料は4~7年、ウレタン系塗料は6~10年、シリコン系塗料は8~15年、フッ素系塗料は15~20年、遮熱・無機などの特殊塗料は15~20年となっています。
フッ素系塗料や特殊塗料は耐久性が高く耐用年数も長くなってしますが、その分費用相場も高く一般的にアクリル・ウレタン・シリコンといった塗料が多く使われています。
こういった塗料は10年前後で耐久度がなくなってしまいますから、築10年前後にメンテナンスを行う必要があります。