遮熱塗料で屋根塗装をした経験談

夢のマイホームを手に入れて、毎日家での生活が楽しくなりました。しかし、家を買った後は、家を快適に保つためのメンテナンスが必要になってきます。屋根の塗装もその1つです。

 

私が住んでいる場所は、夏場はとても良く晴れて気候も猛暑日になることが多いです。そのため、熱中症にならないようにいつもクーラーを使わなければなりません。そのとき重要になってくるのが、屋根です。屋根の塗装を見直すことで、家の中が暑くなることを防いでくれると思い、「遮熱塗料」を屋根に塗装することにしました。

 

図面と電卓遮熱塗料を屋根に塗装したことで、様々な変化がありました。毎年夏が来ると家がとても暑く感じていたのに、遮熱塗料を使ったことで家の中がそれほど暑くならなくなりました。汗だくになっていたときもあったのに、嘘みたいに快適に生活出来るようになって驚いています。クーラーを使用する頻度も減ったため、クーラーにかかっていた電気代も節約出来ました。クーラーの電気代はものすごくかかっていたので、遮熱塗料で塗装して本当に良かったと思います。遮熱塗料で塗装をしてからはクーラーにかかっていたお金も最大で半分にまで減らせたのです。

 

最初は「遮熱塗装って高いな」と思っていました。しかし、夏場の厳しい暑さを防げることや、クーラーの電気代を浮かせることが出来ました。結果的には遮熱塗料で塗装したことにより、多くのメリットを得ることが出来ました。電気代は近年特に高騰していますから、遮熱塗料を使うことがとても重要だと思います。

遮熱塗料は15年から20年に一度見直す必要があります。屋根の塗装はとてもお金がかかる作業なので、なるべく節約したいと思いました。遮熱塗料は最初は高いと感じるかもしれませんが、15~20年の間持つのであれば、使ってみて損は無いでしょう。私は夏でも快適に生活が出来るようになって、とても満足しています。また屋根を塗装をするときには遮熱塗料を使ってみたいです。