投稿者「admin」のアーカイブ

夏場の室温上昇を抑制するために外壁塗装に遮熱塗料を使用しました

外壁塗装は、単に外観を綺麗にする為のものではなく、細かいクラックを修復し、劣化して雨水をはじく効果が薄れた塗膜を新しくして、住宅を雨水から守るために重要なメンテナンスである事は知っていました。新築で購入した住宅が20年近く経ち、外壁を指でなぞると白い粉が着く状態になっていて、これ以上放置しているとまずいと考えて家から近いところにある、港北区にある街の外壁塗装やさん横浜に外壁塗装をお願いする事にしました。

塗装業者さんと塗料の種類をどうするかを相談している時に、業者さんから遮熱塗料と言う機能性塗料がある事を教えてもらいました。私の家は、陽当りが良いのですが、そのせいか夏場の室温が高くなる傾向があります。塗料の色で、少しでも改善できないかと話している中で、遮熱塗料が良いのではと教えてもらったのです。

エアコン

一般的に、赤外線を反射させる遮熱・断熱塗料を外壁に塗ると、3℃程度室温を下げる効果があると言う事です。元々考えていたシリコン系の塗料よりも価格は高くつきますが、3℃も室温が下がれば、エアコンの設定温度を上げる事で電気代の節約が可能で、十分元が取れると考えました。
また毎年夏の気温が上がる傾向がある中、その対策としても、思い切って遮熱塗料にする事に決めました。塗り替えて2シーズンの夏を経ましたが、エアコンの温度設定を上げる事ができ、非常に過ごしやすくなった事を実感しています。

遮熱塗料で屋根塗装をした経験談

夢のマイホームを手に入れて、毎日家での生活が楽しくなりました。しかし、家を買った後は、家を快適に保つためのメンテナンスが必要になってきます。屋根の塗装もその1つです。

私が住んでいる場所は、夏場はとても良く晴れて気候も猛暑日になることが多いです。そのため、熱中症にならないようにいつもクーラーを使わなければなりません。そのとき重要になってくるのが、屋根です。屋根の塗装を見直すことで、家の中が暑くなることを防いでくれると思い、「遮熱塗料」を屋根に塗装することにしました。

図面と電卓遮熱塗料を屋根に塗装したことで、様々な変化がありました。毎年夏が来ると家がとても暑く感じていたのに、遮熱塗料を使ったことで家の中がそれほど暑くならなくなりました。汗だくになっていたときもあったのに、嘘みたいに快適に生活出来るようになって驚いています。クーラーを使用する頻度も減ったため、クーラーにかかっていた電気代も節約出来ました。クーラーの電気代はものすごくかかっていたので、遮熱塗料で塗装して本当に良かったと思います。遮熱塗料で塗装をしてからはクーラーにかかっていたお金も最大で半分にまで減らせたのです。

最初は「遮熱塗装って高いな」と思っていました。しかし、夏場の厳しい暑さを防げることや、クーラーの電気代を浮かせることが出来ました。結果的には遮熱塗料で塗装したことにより、多くのメリットを得ることが出来ました。電気代は近年特に高騰していますから、遮熱塗料を使うことがとても重要だと思います。

遮熱塗料は15年から20年に一度見直す必要があります。屋根の塗装はとてもお金がかかる作業なので、なるべく節約したいと思いました。遮熱塗料は最初は高いと感じるかもしれませんが、15~20年の間持つのであれば、使ってみて損は無いでしょう。私は夏でも快適に生活が出来るようになって、とても満足しています。また屋根を塗装をするときには遮熱塗料を使ってみたいです。

屋根に遮熱塗料を塗ってもらったことで2階の暑さが軽減した

元々塗料なんて塗ることがあまりなかったので、放置してそのままにしていたのですが、最近2階の暑さが気になってばかりで、ここは何か問題があるのではないかと考えていました。そこでリフォームを担当してもらった時、ハウスメーカーの方に屋根についても相談をしていました。屋根から来る熱を止めることができれば、温度的には軽減されるのではないかと話をしたところ、それを行ったほうがいいと返してくれました。その時に遮熱塗料を塗ることが一番いいのではないかと話をしてもらったので、塗装の依頼をすることにしました。
ただ厳しい状態になったことが1つあり、天候不順で塗る作業を行うまでにかなり時間がかかったことでした。秋に依頼を出したのですが、丁度雨が続くような天候になってしまい、晴れるまでに1週間位用することになりました。これで時間がかかってしまって、遮熱塗料を塗ることが出来たのは予定からかなり遅くなることになります。晴れた日も、屋根が乾いていないので、屋根を綺麗にする作業から行っていたことを覚えています。

真夏の太陽

ようやく遮熱塗料を塗ってもらい、乾くまでは放置するようにと話をされて作業は終わりました。屋根に上ることも特にありませんから、そのまま放置して一定の時期を迎えました。メーカーの人が塗装に問題がないかをもう1度確認して、トラブルがないことを判断して施行は事実上終了することになります。この効果がわかるのは翌年の夏くらいですから、それまでは待っていることにしました。

実際に夏になってから、2階の温度を測定してみましたが、表示されている数字は去年より低くなっていました。丁度同じような気温で測定していたので、大体この数字が正しいものと判断しています。2度位軽減されたことで、夜の眠りづらさなどが解消されるようになり、睡眠も快適に行えるようになりました。遮熱塗料を塗ったことは、非常に良いことと思っていますし、行う決断をしたことに間違いはなかったと思います。

スレート屋根に遮熱塗装を行い、夏場の屋根裏部屋の暑さを軽減

新築で購入した住宅も15年を経た頃、外壁には細かいクラックが入り、外壁表面を指でなぞると白い粉が着くチョーキング現象も出ており、そろそろ外壁の塗り替え時期だと感じました。その頃には、黒色に塗装されたスレート屋根も色あせて、見るからに水をはじく能力が劣化しているように見受けられました。

様々な屋根

そこで、外壁塗装と屋根塗装を合わせて業者さんにお願いする事にしました。業者さんと打ち合わせをしている時、屋根塗装として遮熱塗料を使用すると言う選択肢がある事を知りました。遮熱塗料は、赤外線を反射する事で、屋根・屋上・ベランダ・外壁の表面温度上昇を抑える効果のある塗料です。業者さんの説明では、遮熱塗装でも熱伝導が元々低い瓦屋根では効果は低くお勧めできませんが、熱伝導の高い金属屋根やスレート屋根に対しては効果が高く、お宅の屋根はスレート屋根なので、必要なら遮熱塗料にされてはと勧められました。

私の自宅は、2階建てに天井裏部屋が付いた構造になっています。夏場に物置部屋としている天井裏部屋に入ると、汗だくでとても長い時間居る事が出来ないほど高温になっています。天井裏部屋のみなら我慢すれば良いのでしょうが、この熱気が2階の天井から2階の各部屋の温度を高めているだろうと考え、遮熱塗料を塗装してもらう事に決めました。

外壁と屋根の塗装が終わると、少し古びた感じになっていた住居は、新築の様な綺麗な見栄えを取り戻しました。これでクラック等からの雨水の浸透の危険もなくなり、終の棲家としたい我が家の寿命が、放置しているよりも少しは伸びたと安堵感も増しました。

遮熱塗料の効果を確認するために、塗装前後に屋根裏部屋の温度を測り、5~7℃も室温が下がっている事が分かりました。もちろん、真夏にはこれで屋根裏部屋も快適と言う訳には行きませんが、それでも屋根裏部屋で作業する時の負担は軽減されるでしょう。また2階の各部屋の遮熱塗装前後の温度は測っていませんが、冷房温度の設定を従来は27℃にしていたものを、28℃に高く設定できるようになり、効果があったと思っています。

屋根に遮熱塗料を塗ったら電気代が節約できました!

屋根に遮熱塗料を塗っておくと、節電だけでなく屋根の耐久性もアップすると同じ佐倉市に住む知り合いに聞いたので、思い切って佐倉市でも対応可能な屋根工事会社に依頼しました。使用した遮熱塗料は、セラミック系にしました。セラミック系だと、汚れに強く耐久性が高いというメリットがあるからです。最初は、遮熱塗料の耐久性が10年~15年くらいだと聞いて、費用に見合っているのか分からなくて迷いました。しかし、遮熱塗装をした知り合いの家を訪れた際に、室内に熱が籠らず快適だったため、その効果に驚きました。訪問した日は、外気温が30℃の真夏日でしたが、2階の子供部屋や寝室は、西日が当たる部屋とは思えないくらい過ごしやすい状態でした。

私の家には、クーラーがリビングに1台設置しているだけなので、2階の子供部屋では、夏場はずっと扇風機をかけていました。それ
でも、暑い日が続くと、リビングで宿題をしたり、遊んだりする日が多くなり、子供部屋を作った意味が無くなっていました。でも。遮熱塗料を屋根に塗ってからは、扇風機の出番がありません。夜になったら、籠った熱のせいで暑くて寝られなくなるのかと思ったら、そのまま眠れます。子供達は、夜ぐっすり眠れるようになったので、朝かボーっとすることもなくなり、集中力がアップしたように感じます。また、リビングが吹き抜けになっているんですが、解放感がある割に冷房が効きにくいので困っていましたが、遮熱塗料を屋根に塗ってからは、冷房が効きやすくなって過ごしやすくなりました。

屋根の上のアンテナ

子供部屋で使っていた、部屋の空気を回すサーキュレーターと、扇風機を使わなくなったので、その分の電気代がかからなくなりました。今までは、10月に入っても暑くて扇風機は必需品でしたが、使用することが無くなりました。家は、オール電化なので、年間を通して電気代がかなり節約できたので助かっています。費用は決して安いとは言えませんが、快適に過ごせるようになったというメリットの方が大きいと実感しています。

エアコン代節約の為に遮熱塗料で屋根の塗り替え

我が家は築20年の木造の3階一戸建てなのですが、以前から3階部分の室内の温度が気温が高くなり始める季節の春先から梅雨の6月の時期、そして本格的に気温が上昇する真夏の8月から9月にかけて異常に室温が高くなる現象で悩んでいました。

自宅の1階部分や2階部分の室内については、春先や梅雨の時期には特別に室温が高くなるという事はない為、3階部分の室内だけが異常に室温が高くなってしまうのは「1階部分や2階部分よりも太陽に近いから仕方がない」とあきらめていました。

屋根

しかし、自宅でインターネットを見ている時に偶然、遮熱塗料という屋根塗装に使われる熱を遮断する効果を期待出来る塗料が存在している事を知り、興味を持った私はインターネットを利用して色々と屋根塗装に使われる遮熱塗料の事について調べてみました。

すると、遮熱塗料は自宅の室温を下げる効果を期待出来る事や、夏場の本格的に気温が上昇する季節にはエアコン代の節約にもつながる、といった事が紹介されており、私は自宅のエアコン代の節約の為、屋根の塗り替えをインターネットで検索して見つけた地元の屋根塗装の専門業者に依頼する事にしました。

屋根塗装は以前雨漏りがひどかった時に補強の意味で一度だけ新築から5年目の時、今から15年前に行ってもらったのみで、屋根の塗り替えは今回が2度目となりました。

インターネットで見つけた屋根塗装の専門業者(外壁塗装センター.jp.net)は、物腰が柔らかく腰の低い中年男性の担当者を派遣してくれて、遮熱塗料の屋根塗り替えについて詳しく説明してもらいました。

担当者の男性からは「屋根塗装を遮熱塗料で塗り替える事でエアコン代の節約効果がある事」や「見た目も綺麗になるので見栄えが良くなる」といった点を教えてもらいました。

遮熱塗装による屋根の塗り替えは12日間かかりましたが、出来上がった遮熱塗料で塗られた屋根はマットな質感のブラックカラーが美しく、自宅の屋根がよみがえったように綺麗になりました。

肝心の断熱効果については確かに遮熱塗料で塗り替えを行ってからは春から真夏の時期にかけても以前のような3階部分の室温の上昇が無くなり、エアコンを以前のようにガンガンに効かせる必要が無くなり、涼しい室温の部屋を3階部分の室内で実現する事が出来ました。